支払いが遅れた自動車税の支払いは、ネットからが便利...実際に試してみました。

自動車を持っている限り、毎年来るのが、自動車税の支払い。

4月の下旬から5月上旬くらいに、振り込み用紙が送られて来ます。 支払い期限は、5月末。

もう、あとひと月、支払い期限が後ろであれば、ボーナスで払えたりするので 嬉しいのですが…

支払い期日が過ぎた場合、延滞金がかかる?

クレジットカードの支払や住宅ローンの支払いが遅延すると、その日数に応じて延滞金がかかってきます。

自動車税の支払いも同様に延滞金がかかるのですが、実際には、多少の延滞では、延滞金はかかりません。

かと言って、遅れていいってことはないのですが、支払い期日と、収入のタイムラグ? によって、遅れてしまうこともありますよね?(笑)

多少の遅れでは、延滞金がかからない理由

延滞金の計算は、決められた計算式によって計算されますが、自動車税の場合は 延滞金が千円以下の場合、切り捨てられます。

なので、計算の結果、延滞金が千円以上になった場合のみ、延滞金がかかってきます。

今は、金融機関だけではなく コンビニでも支払いができるので便利なのですが、支払い期日の過ぎた用紙は、使えなくなります。
(使えたという情報もあります)
郵便局などの金融機関では支払えるようですが、待ち時間が長いのが難点です。

期限までに支払わないで、そのまま放置すると、督促状が送られてきます。
その督促状の期限内に支払えば、延滞金は発生しません。
(延滞金は千円に満たないので、切り捨てられます)

自動車税の支払い方法は?

・振り込み用紙で、金融機関で支払う

郵便局、銀行など金融機関で支払う方法ですが、金融機関は混んでいることが多く待ち時間が長いです。

・振り込み用紙で、コンビニで支払う

朝とかお昼とかの混んでいる時間帯を除けば、待たされることはほとんどないのでお勧めです。

・クレジットカードを使って、インターネットから支払う

自宅から支払いできるのはいいんですが、手数料がかかってしまうのはネックです。
税金払うのに手数料は払いたくないですよね。

・ネットバンキングで支払う(Pay-easy(ペイジー))

日常的に使っている銀行の自分の口座から、インターネットを使って支払います。

ネットバンキングの契約をしている必要がありますが、既にネットパンキングを使っている方であれば、特別な手続きは必要はないので、通常の振り込みのような感覚で、簡単に処理できます。

クレジットカード支払いと違い、手数料もかかりませんので、お勧めです。

車検時に必要だった、自動車税の支払い証明は不要

以前は車検時に必要な、支払いの証明(納税証明書)が必要でしたが、現在は車検時にその証明を提出しなくても良くなりましたので、車検を控えている方も大丈夫です。

現在は、国土交通省と都道府県のシステムが連携していますので、自動車税の納税確認は電子化されています。

支払い証明(領収書)が必要な場合がある

通常は不要な、車検時の納税証明書なのですが、Pay-easy(ペイジー)やクレジットカードでの支払いの場合、納税情報がシステムに反映するまでにタイムラグがあります。
Pay-easyの場合、約10日間、クレジットカードの場合は約3週間です。

ですので、支払いから、この期間に車検を受ける場合は、金融機関、コンビニなど納税証明書(領収書)が発行される支払い方法をする必要があります。

支払い期限は過ぎてしまったのですが、Pay-easy(ペイジー)で自動車税を支払ってみましたので、その手順を紹介します。

自動車税の支払いをPay-easy(ペイジー)で行う

自動車税をはじめ、各種、税金、公共料金などの支払いを、自宅のパソコン、スマホやATMから直接支払う事ができるサービスは、Pay-easy(ペイジー)と呼ばれています。

納付書などに、「Pay-easyマーク」が付いている場合は、利用可能です。

 

Pay-easy(ペイジー)のサイト(使える金融機関)はこちらです。

上記のペイジーのサイトから、ご自身の金融機関を検索します。
私は、三井住友銀行で行いました。

ログインをクリックします。

 

ログインの情報を入力します。
三井住友銀行の場合、「店番号、口座番号」か「契約者番号」と暗証番号を入力して、ログインします。

画面下にある、「Pay-easy」をクリックします。

 

次に、納付書に記載されている「①.収納機関番号」を入力します。

自動車税 納付書

複数の口座がある場合は、出金する口座を選択します。
納付書に記載されている、収納機関番号(数字5桁)を入力します。

納付書に記載されている、「②.納付番号」、「③.確認番号」、「④.納付区分」を入力します。

 

入力内容の確認画面が表示されるので、ワンタイムパスワードを入力します。

 

 

払込完了の画面が表示されます。