イケアの北欧クリスマス 本物のモミの木でクリスマスツリー

クリスマスまであと1ヶ月、街ではクリスマスツリーのイルミネーションを良く見るようになりました。

部屋のクリスマスツリー
IKEAのクリスマスツリー

我が家でも部屋のクリスマスツーリーが既に飾られているのですが、本物のモミの木ではありません。

なかなか本物は手に入らないと思っていたのですが、数年前から本物のモミの木のクリスマスツリーをイケアで購入しています。
イケアの「本物のモミの木のツリー」は玄関に飾っています。

イケアのモミの木は年明けの指定された期間に返却すると1,500円のお買い物クーポンに交換してもらえます。

本物のモミの木、返却方法
モミの木は2,999円ですので、返却すれば実質1,500で購入できます。

以前は、モミの木の価格とクーポンの価格が同額でしたので、実質は無料だったのですが、今では、上記の価格になっています。

数量限定なので、ホームページで販売時期をチェックして、購入していますが、年によっては、結構早くなくなってしまうので、タイミングを逃すと買えない場合もあります。

今年は、昨日(11/23)に購入してきました。

あいにくの雨だったので、週末にしては空いている感じでした。。。
と言っても、駐車場は一番上の屋根のない5Fしか空いてませんでしたけど。

今年は、11月21日(木)からの販売です。
まだまだ在庫は豊富で、モミの木の良い香りがただよってしました。

IKEA港北の本物のモミの木
IKEA港北

IKEA港北の本物のモミの木
モミの木

イケアのモミの木、購入方法

IKEA、モミの木、購入方法
IKEA、モミの木、購入方法

モミの木は、店舗の前にあるので、気にいったモミの木を選んで、用意されている新聞、紐などを使って自分で梱包します。

取り置き場所があるので、そこに預けることもできます。
引き換え番号を受け取って、取り置き場所にモミの木を置きます。

持ち帰る時には、レシートと引き換え番号をスタッフに見せて、持って帰ります。
我が家では、他に買い物の予定は特になかったので、カートに入れて持ち歩きましたが、店内を見ていると、結構、欲しいものが出て来て滞在時間が結構長くなってしまったので、やっぱり預けた方が良さそうです。(笑)

ツリーのスタンドは、2,000円で売られています。
(わが家は、以前購入したものを使うので、購入しませんでした)

クリスマスツリー、スタンド
クリスマスツリー、スタンド

ツリーに飾るオーナメントは、レジ前でも売られています。
揃っていても、見ていると欲しくなるので、注意ですね。(笑)

 

返却期間は、2020年1月4日(土)〜19日(日)で、店舗に持っていきます。
購入時に渡された「ツリー購入証明書」が必要です。

期間は約2週間ありますが、決まった期間に返却する必要があるので、忘れないようにしないと、お買い物クーポンがもらえません。

IKEAでのキャッシュレス決済

クレジットカードの他、LINE Pay、au PAY、楽天Pay、origami Pay、中国アリババのアリペイ(支付宝)などが使えるようです。

 

【キャンペーン】メルカリ、メルペイ登録で2,300円分のポイント、ゲット!

すでにメルカリを使っている人も多いと思いますが、私はまだ使っていませんでした。

使っていない人は、キャンペーン中の今がチャンス!

今なら「メルカリ」と「メルペイ」合わせて、最大2,300円のポイントがもらえます!

スマホ、フリマアプリ「メルカリ」とは?

メルカリは、スマートフォンのアプリで売買できる、フリーマーケットのサービスです。

運営会社は、株式会社メルカリですが、今やメルカリと言えば、フリマアプリのメルカリを連想しますね。

今なら、フリマアプリ「メルカリ」と、株式会社メルカリが運営するキャッシュレス決済サービス「メルペイ」で、新規登録すると、最大2,300円分のポイントがもらえて、とてもお得です。

メルカリ の始め方

まずスマホアプリ「メルカリ」をダウンロードします。

メルカリ – フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

iPhoneであれば、AppStore、アンドロイドであれば、Google Playから、ダウンロードします。

アプリは、フリマの「メルカリ」とキャッシュレス決済の「メルペイ」が一つのアプリになっています。

ですので、アプリは「メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ」をダウンロードします。

AppStore、Google Playで「メルカリ」のワードで検索すれば簡単です。

スマホアプリ、メルカリの登録

ダウンロードして、アプリを開くと次の画面が順に表示されます。

 

メルカリ の「アカウント」登録ですが、FaceBook、Google、メールアドレスで登録が可能です。

ここでは、「メールアドレス」で登録する方法で行います。

会員登録

メールアドレス、パスワード(7文字以上の半角英数字)、ニックネームを入力し、性別を選択します。

友達などからの招待コードをお持ちの方は、その招待コード、お持ちでない方は、「NDTGGR」を入力します。

この招待コードを入力することによって、300円分のポイントがもらえます。
(招待コードを持っていた、お友達も、300円分のポイントが取得できます、上記の招待コードで、登録して頂ければ、私もポイントが取得できます。(笑))
このタイミングで入力しないと、後から入力できませんので、注意が必要です。

 

本人情報確認

電話番号を入力すると、ショートメッセージで、認証番号が送信されます。

電話番号認証

招待コードを入力したので、フリマアプリ「メルカリ 」分の300円分のポイントがもらえました。

ここまでの登録で、フリマアプリ「メルカリ 」で、商品の売買ができるようになりました。

メルペイの登録

メルペイは、スマホ決済機能です。

メルペイで本人確認を行うと、さらに1,000円分のポイントがもらえますので、キャンペーン中に登録しておいた方がお得です。

メルペイはメルカリでの支払いはもちろん、通常のキャッシュレス決済機能でもあるので PayPay (ペイペイ)やLinePay同様、キャッシュレス決済対応のお店なら、お買い物の支払いが簡単です。

日々のちょっとした買い物はコンビニという人も多いと思いますが、政府の消費税還元事業で5%の割引価格で購入できます。

 

招待コード「NDTGGR」を入力して、入力完了をタップします。
(入力を間違えると、もらえないのでコピペした方がいいです)

招待コードは全て、大文字です。

 


「メルペイ」で本人確認の方法は下記の2つです。

1.銀行口座の登録
2.  アプリで本人確認

銀行口座を持っていれば、その銀行を登録することによって、本人確認が完了します。

銀行に口座を作る時に本人確認がされているので、「免許証」などは必要ありません。

「アプリで本人確認」は、「免許証」などが必要なのですが、「学生証」などではダメなので「免許証」を持っていないという人は、銀行口座で登録します。

銀行口座を登録すれば、メルペイへの残高チャージも簡単にできるので、オススメです。

ここでは、銀行口座での本人確認を行います。

 

口座を持っている銀行を選択します。

 

私は、ジャパンネットバンクで登録しましたので、ここから先は、ジャパンネットバンクの例です。
(一旦、銀行のサイトに飛んで、そこで手続きを行います。)

各銀行によって、画面が異なりますが、画面の指示に従って、必要な事項を入力して行きます。

ジャパンネットバンクの例です。

氏名などが表示されるので確認します。
「支店コード」をタップします。

必要事項を入力、または、表示された項目を確認します。

パスコードを決めて、設定します。

私は、iPhoneで行ったので、下記のメッセージが表示されました。

ジャパンネット銀行の利用規定が表示されますので、確認して、最後に「同意する」をタップします。

店番号、口座番号が表示されるので、ジャパンネット銀行のログインパスワードを入力して、「ログイン」をタップします。

ネットバンクで使用している「トークン」のワンタイムパスワードを入力します。

銀行への申し込みが完了しました。
「ログアウト」をタップすると、メルペイの画面に戻ります。

 

 

メルカリ(フリマアプリ)のインストールと、メルペイの本人確認で合わせて、1,300ポイント 1,300円相当がもらえました。

さらに、「メルペイスマート払い」を登録すれば、1,000ポイント、1,000円分、合計2,300ポイント、2,300円分もゲットできます。

「メルペイスマート払い」とは?

メルカリの支払いや、買い物の支払いを、まとめて一括して支払う方法です。
クレジットカード支払いのように、月単位でまとめて支払う方式です。

「メルペイスマート払い」、その方法は?

「メルペイスマート払い」の精算方法は、次の方法があります。

・残高払い

メルペイ内にチャージした「メルペイ残高」から支払う方式です。
自動引き落とし設定をすれば、11日、16日、26日のいずれかの設定ができ、自動で精算が可能です。
※売上金で購入したポイントは、残高払いでは使えませんが、キャンペーンで取得したポイントは使えます。

・コンビニ/ATM払い

コンビニや銀行ATMで現金で精算する方式です。
パソコン、スマホからPay-easyを使って精算します。
手数料300円がかかります。

・口座振替

毎月10日までに、振替申請を行い、27日に口座振替による精算を行います。
手数料300円がかかります。

ポイント!「メルペイスマート払い」は「残高払い」が手数料無料!
※「残高払い」以外は、手数料が発生するので、オススメできません。
本人確認で、銀行を登録しておけば残高へのチャージもスムーズ、簡単にできて、手数料も発生しない「残高払い」が良いでしょう。

今なら、キャンペーンで、さらに1,000円分のポイントがもらえますので、メルカリ、メルペイを良く利用する人は、登録しておくと便利です。

【覚書】Twitter アカウント作成したら英語になっていたので、日本語にする方法、手順

Twitterでアカウントを作成したら、英語表記になっていました。
日本語表記にする手順の覚書です。(パソコンからの場合)

Twitterのホーム画面
Twitterのホーム画面

 

1.「Profile」の下にある「More」をクリックします。

Twitterの「More」画面

 

2.「Settings and privacy」をクリックします。

Twitterの「Settings and privacy」画面
Twitterの「Settings and privacy」画面

 

3. 「Display language」のクリックします。

Twitterの「Display language」画面
Twitterの「Display language」画面

 

4.ドロップダウンリストから「Japanese-日本語」を選択します。

Twitterの「Display language」、ドロップダウンリスト画面
Twitterの「Display language」、ドロップダウンリスト画面

 

5.「Save」をクリックします。

Twitterの「Change display language」画面、Save
Twitterの「Change display language」画面、Save

 

日本語表示に変わりました。

Twitter、日本語表示画面
Twitter、日本語表示画面

 

Twitter、日本語表示画面、プロフィール
Twitter、日本語表示画面、プロフィール

タイヤのヒビ割れはどのくらいなら大丈夫? 許容範囲は?

若い時には、車に乗る機会が多かったのですが、今は、車を使うのは週末の買い物がメインで 、長距離を走るのは年に数回となり、年間の走行距離は5千キロ以下と少ないです。

タイヤの減りは少ないのですが、タイヤのサイドウォールに細かいヒビが入っているのをガソリンスタンドで指摘されました。

確かに、良く見ると細かいヒビはあるのですが、どの程度のヒビまで大丈夫なのかというのは 良く分かりません。

ちなみに、その指摘してくるスタンドの店員はいつも同じ人で、「タイヤの無料空気圧点検」、「ヒビ割れ指摘」、 「タイヤ交換のススメ」、という流れです…毎回(笑)

毎回言われるので、気にはなっていたのですが、たまたま、「夏の暑い時期に、タイヤのバーストが多い」というYahoo!ニュースを読んで余計、心配になりました。(笑)

ディーラーやタイヤ屋で点検してもらったとしても、タイヤも結構古いし、実際に目視でヒビが確認 できるレベルなので、たとえ早急に交換の必要がなくても、営業的に、交換を勧められるでしょう。

どのくらいのヒビが危険のなかという目安が「一般社団法人 日本自動車タイヤ協会」というところで、提示されていました。

   日本自動車タイヤ協会のサイト

クリックで拡大

素人判断は難しいところですが、ある程度の判断基準にはなると思います。

そもそもタイヤ寿命は?

長年、車に乗っていますが、あまり意識した事がなかったです。

当然、スリップサインが出れば、車検も通らないのですが、そこまで使ったことはありません。

スタッドレスについては、古くなって、ゴムが固いと実際に滑りますので、感覚的に、5年は厳しいかな?という程度です。

ダンロップのサイトに下記の記載がありました。

URL:https://tyre.dunlop.co.jp/tyre/attach/

要は、使用条件によるので一概には言えないようですが、5年程度が目安で、10年を超えて使うのは厳しそうです。

ゴム製品なので年数が経つと経年劣化で、ゴムが固くなります。
固くなった結果、あまり減らないのですが、ゴムが固くなっているので、性能は劣化しています。

山はあっても、性能は低下している状態です。

私のタイヤは、2010年製だったので、年数的には9年弱使っていました。
ただ、冬はスタッドレスに履き替えているので、実際の使用期間は6割程度の期間でしょうか?

タイヤの劣化原因

タイヤが劣化する要因としては、紫外線も大きな要因です。
屋外駐車場で、太陽光や風雨にさらされる環境だとやはり劣化の度合いは大きくなります。

他には、過度のタイヤワックス、走行距離が少ないものあまりタイヤには良くないようです。

製造時に「軟化剤」や「劣化防止剤」が練りこまれているタイヤですが、走ることで、にじみ出て劣化を防いでいるので、あまり走らないのも良くないそうです。

いずれにしても、あと数年は今の車に乗るつもりなので、メーカー推奨期間を大幅に超過しているこのタイヤで乗り切るのは不安になります。

かと言って、あまりお金もかけたくないので、アマゾンでタイヤを購入しました。

消費増税は、チャンス!?、スマホ決済が不安な人へもオススメ!?、PayPayのメリット、デメリット

消費税は10%になりましたが、政府のポイント還元に加えて、スマホアプリを使ったキヤッシュレス決済 が普及してきたことにより、うまく利用すれば、増税分以上の還元を受けられます。

まず、基本的な事ですが、支払いをキャッシュレスにすることが、大前提です。 「現金以外」での支払いです。

現金で払った場合、当然ですが、ポイント還元は一切ありません。

主なキャッシュレス決済の種類

・クレジットカード

最近では、日々の買い物、日用品の買い物でもクレジットカードを利用している人も多いと思います。

・交通系ICカード(スイカ、パスモ)

電車、バスで移動時には必須ですね。 切符を買うという習慣がなくなりました。
お金をチャージする必要がありますが、対応しているお店も多いので、手数料もなく気軽に利用できます。

・スマホ決済

急速に普及しているのが、スマホ利用による決済方法です。
種類も多く、〇〇Payの種類は今や、30種類以上です。

その中で、オススメなのがPayPay(ペイペイ)です。
一時期はTVCMもやっていたので、認知度は高いと思います。

私も周りでも、気にはなっているけど、使っていない人も結構います。
こんなにお得なのに、なんで使わないの?と思ったのですが、良く分からないので、編されそうで?「怖い」と思っている人が多いです。

確かに、セブンイレブンの7ペイの事件もありましたので、心配になるのもわかりますが、やはり今後のキャッシュレス社会への流れでは、避けて通れないのではないでしょうか?

現金が使えなくなる事はありませんが、せっかくお得な制度があるので、利用しないのはもったいないです。

iPhoneは、下記をクリックしてアプリをダウンロード


Androidは、下記をクリックしてアプリをダウンロード

数あるスマホ決済サービスでPayPay(ペイペイ)をオススメする理由

スマホ決済サービスは、種類が多すぎて、何を使えばよいのか?どれがお得なのか?、迷っている人も多いと思います。

さらにわかり難いのが、サーピスの黎明期でもあり、各社、利用者の取り込みを狙って、多くのキャンペーンが始まったり、終わったり、また次のキャンペーン、利用条件なんかもあって、いったい何を使えば良いのか?お得なのかがわかり難いです。

全てをチェックして、うまく乗れればいいですけど、かなり難しいです。

でも、この時期、さまざまな「キャンペーン」を利用するのが、一番、お得というもの事実です。

私がオススメするのは、ヤフーとソフトバングが出資してできた会社、PayPayです。

サービス名も「PayPay」なので、スマホ決済サービスに特化している会社です。

PayPayのメリット

1.加盟店が多い、現在も増えている。
いくら良い条件でポイント還元があっても、日常的に利用するお店で使えなければ意味がないです。 現金同様に、どのお店でも使えることが一番です。

最近は、PayPayのステッカーをいろいろなお店で見る機会が増えてきました。
(使える店(ジャンル別) 増えているグラフ)
2.常に何かの「キャンペーン」が開催されている。
同時に複数の「キャンペーン」が開催されている事が多い。
上記1.との条件とも関係しますが、数多くのお店を対象に、何かの「キャンペーン」が開催されていると言う事は、それだけ自分の利用環境で、利用できる機会が増えると言う事です。

加盟店がさらに増えて、利用者も多いということは、今後も多くの「キャンペーン」が期待できます。
結果、お得となる機会が増えるということです。

これだけ多くの〇〇Pay乱立状態だと、加盟店が少なかったり、それが原因で利用者増えない 場合、サービス自体が終了となってしまう可能性もあります。

3.銀行口座、クレジットカードを登録しなくても、利用可能

スマホ決済のセキュリテイに不安を持っている方は、銀行や自分のクレジットカードを登録するのに不安があるのではないでしょうか?

銀行口座、クレジットカード未登録でも、セブンイレブンの端末を使って、現金でチャージできます。

実際の買い物の例で、お得度を比較!

例えば、このキャンペーンを利用して、スーパーのライフで買い物をします。

<現金支払い>
銀行でお金をおろして、おサイフに入れます。 そのおサイフを持って、買い物に行き、レジで現金で支払います。
税込10,000円の買い物をしました。
現金支払いなので、ポイントは付きません。

<現金をチャージして、PayPayで支払い>
現金を持って、セブンイレブンに行きます。
端末で、その現金をスマホアプリにチャージします。

そのスマホを持って、買い物に行き、レジでPayPayで支払います。
税込10, 000円の買い物をしました。
PayPayで支払ったので、10%、千円分のポイントが付きました。
(ポイントは次月に還元されます、ポイントは税込価格に対して、10%です)

PayPaで支払った事により、実質、9,000円で買い物ができました。

セキュリティー面ではどうでしょうか?

スマホを失くしても、おサイフ失くすよりは安心?

例えば、実生活でおサイフを落としてしまった場合、誰かに拾われて、おサイフが戻って来る可能性はかなり低いのではないでしょうか?

特に、現金は戻って来る可能性は低いと思います。

それに比べれば、スマホを落とした場合、戻って来る可能性は、おサイフよりは多いと思います。
(私の姪っ子は、スマホをなくした事がありますが、ちやんと届けられていて、無事に手元に 戻りました。。。かなり遠い駅まで取りに行きましたけど(笑))

スマホを指紋認証など、スマホの機能でロックしておけば、使われる可能性もないでしょう。

ちなみに、スマホが発見されなかったり、スマホが壊れた場合でも、データはサーバにあるので、残高がなくなることはありません。

PayPayのデメリット

・使い始めてしまえば、慣れて来るので、操作に迷うことも少ないと思いますが、スマホに慣れていない場合、やはり、最初のアプリのインストールや、準備(銀行登録やクレジットカード登録) を面倒に感じることが、デメリットと言えるかも知れません。

前に書いたように、銀行登録、クレジットカード登録は行わなくても使えまますが、現金をチャージ するのに、セブンイレブンに行かなければならないと手間が発生します。

iPhoneは、下記をクリックしてアプリをダウンロード


Androidは、下記をクリックしてアプリをダウンロード

消費税増税に伴うポイント還元とは?制度をうまく利用して消費税アップに対応!

2019年10月から消費税が現行の8%から10%に引き上げられますが、日常生活の負担を減らす目的で一部の品目は8%の税率が適用されます。

その制度が「軽減税率制度」です。
対象の品目は、飲食料品と定期購読の新聞(週2回以上の発行)です。

他の品目については、標準税率の10%が適用されます。

誰でも利用できる!ポイント還元制度

政府は、さまざまな「引き上げに伴う、対応」を行なっていて、制度をうまく利用すると、増税分の負担を減らすことができます。

多くの制度があるのですが、使える条件はさまざまで、該当しない場合は使うことができませんが、誰でも使える制度の一つが「キャッシュレス決済に対するポイント還元制度です」

ポイント還元は期間が決まっていて、令和元年(2019年)10月から、令和2年(2020年)6月 までの約9カ月間限定です。

キャッシュレス決済、つまり現金以外の方法で支払いをする必要があります。

ポイント還元を受けるための決済方法は?

クレジットカード/デビットカード  >>対象となるクレジットカード/デビットカードの検索(キャッシュレス推進協議会のサイト)
電子マネー >>対象となる電視マネー/QRコードなどのサービスの検索(キャッシュレス推進協議会のサイト) 
スマホアプリ等

高齢の方や日頃、スマートフォンを使っていない人にとっては、ちょっとハードルが高いのですが、クレジットカードでも対象となりますので、とにかく現金以外での決済がお得になります。

お得度は?!

どのくらいお得かと言うと、「最大5%」、お店によってその還元率は異なるのですが、コンビニなどの大企業フランチャイズチェーン傘下の店舗等では2%の還元率となっています。

この制度の目的は?

・引上げに伴う需要平準化対策
(増税前の直前の駆け込み需要と、増税後の反動で需要減の需要変動を平準化する対策)
・キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上

私たち消費者からみたメリットは、対象の店舗で買い物をすることによってポイント還元されることです。

消費税は10%なりますけど、5%の還元がされれば、現状の8%より、実質3%の割引と言うことになります。

2%ポイント還元のお店でも、増税分の2%の還元なので、プラスマイナスゼロになり、増税分は還元されることになります。

対象店舗は、店舗に表示されているマーク、Webサイト、スマホアプリで確認

お店に上記のようなマークが表示されているお店が対象店舗です。
Webサイトやスマホアプリでも確認できます。

>>使えるお店を探す(キャッシュレス推進協議会のサイト)

オススメのスマホ決済、PayPay(ペイペイ)

日常的にスマホを使っている人にオススメなのが、スマホアプリを使った決済です。
出かける時に、お財布は忘れても、スマホは忘れないのではないでしょうか?

お財布忘れて、現金やクレジットカードを持っていなくても、スマホさえあれば安心!?

今やコンビニをはじめ、使えるお店が加速度的に増えているのが、PayPay(ペイペイ)です。

すでに利用している人も多いと思いますが、PayPay(ペイペイ)のオススメポイントは毎月、何らかのキャンペーンを行なっているです。

政府のポイント還元事業と併用すれば、かなりのポイント還元となるのでさらにお得です。

>>【App Store】PayPayアプリのダウンロード(iPhone)
>>【Google Play】PayPayアプリのダウンロード (Android)

政府ポイント5%+PayPayポイント5%、合計10%ポイント還元、まちかどペイペイ 第1弾 – PayPay

さらに、最大20%の還元となる、PayPay感謝デーが10月5日、土曜日、まるまる1日開催されます。

時間帯の制限はありませんが、最大の付与上限が1回1,000円、一日5,000円となっていますから、20%の還元となる条件()で支払った場合、1回の支払い額を5,000円、当日の支払いが25,000円以内で使うのが、最大の恩恵を受けることができます。

でも、運が良いと、全額戻ってくるので、運を天に任せて?、10万円の商品を購入して、チャレンジしても良いと思います(笑い)

上限はありますが、購入額の20%の還元は、かなりお得ですので、利用しないてはないでしょう!

さらに、さらに同時開催のキャンペーンも多く開催されますので、もし、まだアプリをダウンロードされていない方は、事前にダウンロードして準備した方が良いです。

>>【App Store】PayPayアプリのダウンロード(iPhone)

>>【Google Play】PayPayアプリのダウンロード (Android)

 

Amazonで他の人の購入履歴が見えた!自分の履歴は大丈夫!?…じゃないよね?

今朝(2019/09/26、9時過ぎ)、Amazonにログインして購入履歴を見ると、見覚えのないものが購入されたことになっていました。

え!こんなもの買った覚えないし、届いてもいないけど??
と思って、良く見ると、自分ではない人の名前が。。。

一応、スクショを撮って、カートに1点入っていることになっていたので、内容を確認しようと思って、クリックしてみると、カートは空になり、正常に自分の購入履歴が表示されていました。

その後は、いろいろ操作をしてみたのですが、特に異常な表示はされませんでした。

朝。。。と言っても、9時すぎなので、寝ぼけているということはないです。。。というか証拠のスクショもあるし。。。

 

お届け先は、女性の名前で、カートをクリックした後は、正常に自分の情報が表示されたので、名前以外の個人情報はみれていないですけど、本人の知らない所で、購入履歴が他人に見られてしまうのは、気持ちの良いものではありません。

で、他人の購入履歴が見れたということは、自分の購入履歴も誰かに見られている可能性があるわけで。。。

*現時点(2019/09/27 01:06)では、同じような報告がされているみたいですね。
早く、原因究明を行なって、対策をしてもらわないと。。。Amazon依存率高いですから。

詐欺メール、「Amazonアカウントの支払い方法を確認できず、注文を出荷できません。」というメールが来ました。

昨日、「Webmoneyご購入の受注確認」というフィッシングメールが来た事を書いたばかりですが、今日はAmazonのフィッシングメールが来ました。

タイミング的には、ちょうど増税前でAmazonではタイムセールなんかもやっていて、ちょこちょこ買っていたので、連日、Amazonから荷物が届いていました。

にもかかわらず、下記のようなメールが。。。

「Amazonアカウントの支払い方法を確認できず、注文を出荷できません。」と言われても、しっかり荷物は届いてます(笑)

増税前タイムセールで買い物をした人も多いと思うので、このタイミングでの詐欺メールなんでしょうかね。

 

メールの文面

Аmazon お客様

残念ながら、あなたのアカウント

Аmazon を更新できませんでした。

これは、カードが期限切れになったか。請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。

アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため

Аmazon 情報を確認する必要・ェあります。今アカウントを確認できます。

(ログイン先のリンク)

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。

パスワードを変更した覚えがない場合は、至急(03)-5757-5252までお電話ください。

Amazonのフィッシングメールは何回か来ているのですが、今回のは結構、わかりやすい詐欺メールです。

Amazonから来るメールは、文面があっさりしている事もあって、以前、詐欺メールか?! と思ったメールが本物だった事もありました。(笑)

何れにしても、最近は結構、手口も巧妙になってきていて、油断していると騙されそうです。

送信元などは偽装されている事もありますが、普段と違うドメイン、アドレスから来るメールは注意した方が良いです。

今回来たメールは、Amazonっぽいドメインになっていますけど、もちろん通常Amazonから来るアドレスとは異なります。

連絡先電話番号も書いていますが、ネットで検索してみると、しっかり掲載されてました。(笑)

怪しいと思ったら、メールのタイトル、文章、電話番号などを、そのまま入れてググってみると、詐欺だとわかる場合が多いです。

新しい詐欺メール?だと情報が少ない場合もありますけど、何れにしても何かしらの情報が得られると思います。

「Webmoneyご購入の受注確認」というメールがきました 、これって詐欺メール?

毎日、メールを数多く受信していると、たまに怪しいメールが来ることがあります。

AmazonやLINE、ゆうちょなど、一瞬、本物?と思われるメールから、どう見ても偽物で、こんなメールに黙れされる人がいるの?と思うようなメールまで様々です。

差出人が「ウェブマネー」となっているメールが来ました。

——————————————————————————–
あなたは携帯番号の前払いを通じてwebmoneyというサイトで30000のポイントカードをご購入しました。注文番号はX 462621511です。もしご本人のご購入の場合、このメールを無視してください。ご注文の3時間後に自動的にカードのパスワードを購入前に予約用のメールアカウントに送ります。本メールはシステムから自動で送信されます。

ご本人が購入していない場合、ダウンロードをクリックしたら、自動的にキャンセルできます。

(リンク先が記載されている)

※  なお、当メールにお心あたりの無い方は、お手数ですがこのメールを削除してください。

——————————————————————————–

「ウェブマネー」からのメールなのに、本文で「〜webmoneyというサイトで〜」など、日本語的に、少しおかしな文面で、偽メールと思ったのですが、私は「Webmoney」というものを知らなかったので、一応、ネットで検索してみるとちゃんとありました。(笑)

えっ!? 本物??

メールを詳しくみてみます。

ヘッダ情報をみると、送信元も怪しかったのですが、本文にある「リンク先をクリックするとキャンセルできる」と書いてあるリンク先が、リンクテキストと実際に飛ぶ、リンク先が異なっていて、詐欺メール確定!(笑)

スマホでメールを受信した時は気付かなかったのですが、パソコンで受信した
メールは改行もされていなくて、怪しいです。

ちゃんと確認すれば、怪しいのがわかりますが、その内容から慌てて、「すぐにキャンセルしないと!」と思って、リンクをクリックしてしまうと危険です。

最近のフィッシングメールはかなり巧妙で、本物かどうかわかり難いものもありますので、慌てないで、しっかりチェックしないと危ないです。

 

スーパー(オーケーストア)で毎日の買い物をPayPay(ペイペイ)で決済していたら、2ヶ月で2万円以上のキャッシュバック!

消費税10パーセントへの増税を一ヶ月後に控えて、キャッシュレス決済、特にスマホで決済する、●●ペイの競争も激化、種類が多すぎて何を使えばいちばんお得なのか、良くわかりませんね。

スマホ決済のメリットとデメリット

メリット

・キャッシュバック、ポイント還元などで、現金で支払うよりお得(特にキャンペーン)
・入出金の管理が履歴に残るので、アプリで支出を簡単に管理できる。
・おつりのやり取りがないので、小銭が増えない。

デメリット

・スマホ、タブレットがないと使えない。
・バッテリーの残量に気を付けないと、いざ支払いって時に使えない。
・突発的なスマホの故障の時に使えない。

突然スマホが故障する確率は少ないと思いますが、バッテリー切れは注意しないといざって時に使えない場合もあります。

ただ、スマホを使っている人は、バッテリー切れになってしまうと何もできなくなってしまうので、モバイルバッテリーを持ち歩くなどで対応できます。

セキュリティの心配は?

セブンペイの不正アクセスの事件はサービス開始と同時に発生して、記憶に新しい事件ですが、この影響であっと言う間に、サービス終了となってしましました。

原因は、システムのセキュリテイ対策に問題があったことですが、スマホ本体リスクとしては、万一、落としたりした時に不正に利用されてしまう可能性があります。

この対策としては、スマホ自体にセキュリテイロックをかける事です。
スマホを使っている人は、ほとんどロックはかけているのではないでしょうか?

セキュリティロックの安全性は、スマホに依存しますが、少くてもお財布を落としてしまった時の不正利用されるリスクよりは低いと言えます。

9月のキャンペーン!オーケー(OK)ストアなどのスーパーで最大10パーセント割引

ペイペイ(PayPay)の通常のキャッシュバック率は最大3パーセントですが、何らかのキャンペーンが毎月開催されているので、キャンペーンをうまく利用するととてもお得です。


9月からのPayPayキャンペーンは、スーパーなどので最大10パーセントの割引です。

時間は、10時から14時です。 時間は限定ですが、平日、土日に関係なく対象となるので、平日は行けなくても、週末にスーパーで食品などを、まとめ買いしている人には大きなメリットです。

かく言う私の家族も、ふだん利用しているオーケーストアで7月、8月の2ヶ月間でかなりの恩恵を受けて、家計が助かりました。

7月8月は、最大20パーセントの割引だったのですが、9月はちょっと残念なことに割引率は下がってしまいますが、時間は1時間拡大されているので、混んでいる週末でも、余裕を持って買い物できます。

割引の時間帯は、その時間帯に会計をしないと、適用されません。
週末はレジが混んでいることがありますが、レジに並んでいても、実際の会計するタイミングが10時から14時でないと適用されないので、注意が必要です。

割引率、最大10パーセントを得るには、「Yahoo!プレミアム会員」になる必要があるのですが、通常でも5パーセントの割引があるので、スーパーなど一度の支払いが多い買い物では、かなりお得です。

ソフトバンクのスマホユーザは、Yahoo!プレミアム会員の利用料は無料

「Yahoo!プレミアム会員」は月額462円(税抜き)の有料サービスですが、ソフトバンクユーザで、スマートログイン設定をしていると、基本料/基本プランの月額料金に料金に含まれるので、利用料金は不要、つまり無料で利用できます。

私は、ソフトバンクユーザーではないので、毎月の料金を払っていますが…

主な開催店舗は、イトーヨーカドー、オーケーストアー、サミット、西友、ライフ、ロピアなど多くのスーパーが対象となっています。

自宅周辺の対象店舗を探すには、アプリを起動して、「近くのお店」をタップ。

「ワクワク」の表記があるお店がキャンペーンの対象です。
(キャンペーン時間外も表示されますが、キャンペーンはキャンペーン時間帯のみが対象です)

我が家のお得度は?(2019年7月、8月)

日頃の買い物は近くのオーケーストアで買い物をすることが多いのですが、たまたま7月、8月はキャンペーンだったので、時間帯を合わせれば20パーセント割引が適用されました。

7月、8月のキャンペーンの時間帯は、11時から14時でしたので、土日を中心に時間帯を合わせて買い物をした結果。。。

7月の支払額は32,153円の利用に対して、PayPay残高として受け取った金額は5,117円でした。
約16パーセントのキャッシュバックとなりました。

8月は20%相当のキャッシュバック対象のオーケーストアでの利用額が93,684円で、たまたま外出先の静岡でエスポットというスーパーでも対象となっていたので、その利用額が5,160円。

合計すると、98,844円なので、2万円弱のPayPay残高の付与がある予定です。

次回の付与は9月20日前後のようです。

清算は複数回に分けるのがお得!?

下の支払い額は11,301円になっていますが、1回の最大付与額は2,000円なので1回の利用は1万円以内に抑えるのが、お得なのですが、この時は少しオーバーしてしまいました。

スーパーでの買い物は1万円を越えることが多いのですが、何回もレジに並ぶのは面倒なので、少しくらいは仕方ないと思っていたのですが、先日、一人前で会計をしていた人は、大量に購入した買い物をレジの店員に頼んで、3回に分けて清算をしていました。

お店、レジの店員さんによるかも知れませんが、複数回の清算をしてくれるお店もありそうです。

8月最後の土曜日、31日は、オーケーストアのPayPay対応レジには長蛇の列で、会計まで20分くらいかかりました。
現金決済レジは、ガラガラでした。(笑)

今回、私も1万円以上の買い物をしたので、レジの店員さんに1万円で切っての清算をお願いして見ましたが、快く応じてくれました。

▼PayPay(iOS専用) 公式サイト ▼

▼PayPay(Android専用) 公式サイト ▼